RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
大腸がんの検査方法3

 大腸がんの検査方法3


大腸がんの検査方法の1つである内視鏡検査は、挿入する時の曲がった状態で押し込む
時に痛みを感じことがあります。

大腸は長くて曲がりくねっていますから、そのような大腸に内視鏡を押し込むので、
苦痛を伴ったり、長時間にわたる検査になる場合もあります。

痛みのない検査は、挿入時に大腸を直線化し、変な力が加わらないように、
挿入していきます。

しかし、現実には、やはり個人差があるので、大腸の曲がり方、長さは人
それぞれです。

ですので、これは経験と技術で痛みのない検査をできるようにする必要があります。

また他にも、大腸がんの検査方法の1つに超音波検査というものもあります。
この検査は、大腸がんが大腸壁のどのあたりまで進んでいるのか、とか、リンパ節への
転移はあるか? といったことを調べる時になされます。

この検査は、内視鏡の先に超音波の探触子を取り付けて行うことで小さな広がりもすべて
分かるのです。

また、がん細胞が骨盤内で広がっているのか、他の臓器へ転移をしているのか、などを
調べるためには、CTやMRなどの画像検査が必要になります。

また、大腸がんの検査方法の1つにバリウムを使った注腸造影検査というものもあります。
この検査は肛門から体内へバリウムと空気を入れます。
そうすると大腸が膨らみますので、この膨らんだ状態でエックス線撮影をするのです。

その結果、盛り上がった形であるポリープを発見することが出来ます。

 

 

author:kazuyob0005, category:大腸がんの検査方法, 17:34
comments(28), trackbacks(0), pookmark
大腸がんの検査方法2

大腸がんの検査方法2


大腸がんの検査方法で、カメラを通して大腸の中を見て検査するが内視鏡検査です。
このような検査の映像をインターネット上などで公開していることもあります。

テレビ番組で内視鏡から送られてくる映像を見るとボコッとこぶのようにポリープが
出来ているのが目で確認できます。

この検査は、直接的に大腸の中を見ることができ、小さなポリープでも発見することが
できるので検査精度は高いと有名です。

また、この検査の優れているのは、検査の見ている最中に、大腸がんの疑いのある部位
が発見された場合には、その場ですぐに細胞を採取し、がんの確定診断をすぐにすること
ができます。

ただ、この内視鏡検査は、事前に準備が必要なため突然の検査は出来ません。
事前の準備として、まず、下剤を飲んで、腸内の便を出し、中をきれいにしておきます。
そのために、前処置で検査用下剤を2リットル前後、飲みます。

その後、便のカスが残らない状態になるま排便を繰り返します。
それから、ようやく検査な入ることになります。
その上、肛門から内視鏡カメラを挿入するので、体への負担が大きくなります。

内視鏡検査は、内視鏡をまず肛門から奥の盲腸まで挿入します。
それから、内視鏡を戻しながら大腸の中を観察していきます。

挿入時に痛みがある場合は、軽い麻酔をすることもあります。
しかし、観察する時は押すのではなく引いていくので苦痛はありません。


 

author:kazuyob0005, category:大腸がんの検査方法, 17:32
comments(0), trackbacks(0), pookmark
大腸がんの検査方法1

 大腸がんの検査方法1


大腸がんの検査方法には、いろいろありますが、一般的なものが便潜血検査です。
この大腸がんの検査方法は便を採取して、ほとんど分からない位の小さな血液があるか
どうかを調べる検査です。

この便潜血検査は精密検査の前段階の検査で、集団検診でもよく行われています。
この便潜血検査で異常が発見された人が、次の精密検査の結果で、大腸がんであると
診断される場合はどれくらいあると思いますか?

それはとても少なく、3%から5%位です。
しかし、大腸がんになった人の約30%の人が、この便潜血検査をきっかけとして
大腸がんが分かっています。

また他に、直腸診という検査もあります。
直腸診という検査は、医者が肛門から指を入れて、腫瘍があるかどうかを指で触って
確かめる検査です。

この検査は、指の届く範囲は、調べることが出来ますが、指の届かない辺りに腫瘍が出来て
いたら発見しにくい検査です。
薬も使わないので簡単な検査方法ですが、この検査方法は遠慮したい人もいるかもしれません。

そして、いろいろある大腸がんの検査の中で体に負担が少ない検査として有名なものがPET、
CT検査です。この検査は、保険が効く場合もあります。

体への負担が少ない理由は、PET検査は、薬剤を注射後には、装置の中で横になっているだけで
済むからです。

この検査は、いろんな理由で内視鏡が通らない患者や、体力がなく体に負担をかける検査が
出来ない患者などに役立ちます。


 

author:kazuyob0005, category:大腸がんの検査方法, 17:29
comments(0), trackbacks(0), pookmark