RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
大腸がんの検査方法1

 大腸がんの検査方法1


大腸がんの検査方法には、いろいろありますが、一般的なものが便潜血検査です。
この大腸がんの検査方法は便を採取して、ほとんど分からない位の小さな血液があるか
どうかを調べる検査です。

この便潜血検査は精密検査の前段階の検査で、集団検診でもよく行われています。
この便潜血検査で異常が発見された人が、次の精密検査の結果で、大腸がんであると
診断される場合はどれくらいあると思いますか?

それはとても少なく、3%から5%位です。
しかし、大腸がんになった人の約30%の人が、この便潜血検査をきっかけとして
大腸がんが分かっています。

また他に、直腸診という検査もあります。
直腸診という検査は、医者が肛門から指を入れて、腫瘍があるかどうかを指で触って
確かめる検査です。

この検査は、指の届く範囲は、調べることが出来ますが、指の届かない辺りに腫瘍が出来て
いたら発見しにくい検査です。
薬も使わないので簡単な検査方法ですが、この検査方法は遠慮したい人もいるかもしれません。

そして、いろいろある大腸がんの検査の中で体に負担が少ない検査として有名なものがPET、
CT検査です。この検査は、保険が効く場合もあります。

体への負担が少ない理由は、PET検査は、薬剤を注射後には、装置の中で横になっているだけで
済むからです。

この検査は、いろんな理由で内視鏡が通らない患者や、体力がなく体に負担をかける検査が
出来ない患者などに役立ちます。


 

author:kazuyob0005, category:大腸がんの検査方法, 17:29
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 17:29
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://daichouganken.jugem.jp/trackback/1