RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
大腸がんの検査方法2

大腸がんの検査方法2


大腸がんの検査方法で、カメラを通して大腸の中を見て検査するが内視鏡検査です。
このような検査の映像をインターネット上などで公開していることもあります。

テレビ番組で内視鏡から送られてくる映像を見るとボコッとこぶのようにポリープが
出来ているのが目で確認できます。

この検査は、直接的に大腸の中を見ることができ、小さなポリープでも発見することが
できるので検査精度は高いと有名です。

また、この検査の優れているのは、検査の見ている最中に、大腸がんの疑いのある部位
が発見された場合には、その場ですぐに細胞を採取し、がんの確定診断をすぐにすること
ができます。

ただ、この内視鏡検査は、事前に準備が必要なため突然の検査は出来ません。
事前の準備として、まず、下剤を飲んで、腸内の便を出し、中をきれいにしておきます。
そのために、前処置で検査用下剤を2リットル前後、飲みます。

その後、便のカスが残らない状態になるま排便を繰り返します。
それから、ようやく検査な入ることになります。
その上、肛門から内視鏡カメラを挿入するので、体への負担が大きくなります。

内視鏡検査は、内視鏡をまず肛門から奥の盲腸まで挿入します。
それから、内視鏡を戻しながら大腸の中を観察していきます。

挿入時に痛みがある場合は、軽い麻酔をすることもあります。
しかし、観察する時は押すのではなく引いていくので苦痛はありません。


 

author:kazuyob0005, category:大腸がんの検査方法, 17:32
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 17:32
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://daichouganken.jugem.jp/trackback/2